税理士インタビュー

開業65年で相続税申告・相談件数は1,000件にも及ぶということですが、長い間続けてこられて税理士事務所の相続対応についてどのようなことが求められているとお考えですか。

横浜で税理士として65年、相続のご相談や申告を長年承ってまいりました。これもひとえにたくさんのお客様からのご依頼をいただいたからこそでございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

高齢社会が進行し、相続に関するご相談をお受けすることが多くなってきました。特に相続は突然発生してしまうこともありますので、残されたご家族がどのような相続手続きを進めていけばよいか不安に思われることもあるかもしれません。円満な相続を行うにはお金に関する問題から避けて通ることはできません。それは遺産分割や相続税の納税負担の問題であったり、相続発生前の財産贈与によって相続人が不公平感を抱いていたりすることでもあるでしょう。税理士といえば相続発生後の相続税申告を受任することが中心で、相続発生前の対策から親身になってサポートすることは税理士のクライアント以外はあまりなかったのではないかと思います。特に遺言書があるかないかは残されたご家族にとって大きな違いがあると言えます。税理士は相続税の専門家ですから、相続に関するお金の問題に最も近い存在です。財産評価により相続発生前から納税額の概算を把握し、その財産分割をどのようにしていけばよいかを考えて遺言書作成をアドバイスすることができます。納税資金対策は特に不動産の所有が多い方には切実な問題となる場合があります。この対策には相続発生前から十分に準備していかなければなりません。

私たちはそれぞれのお客様に合ったサービスプランをご用意しております。お気軽にお問い合わせくだされば幸いでございます。

広くご相談をお受けされているようですが、どのようなことを相談できますか。

相続発生前では相続税対策、相続税の試算、公正証書遺言の作成サポートなどを行っています。相続発生後では相続財産の評価、相続税の申告、遺産分割協議書の作成、税務調査立会いなどを行っています。円満な相続となるためのアドバイスと相続人のご不安を少しでも早く解消できますように親身になって対応させていただきます。

私たちは相続に関する幅広いサービスに対応するため、他の専門家(弁護士、司法書士など)とも提携しています。お客様からのご相談内容に応じてご紹介いたしますので、相続に関するどのようなご相談でもまずは弊社を窓口としてご利用ください。

「相続税試算サービス」というのはまだ相続に直面していないような方が将来設計に利用するようなことも可能なのでしょうか。

もちろんでございます。相続は事前の準備が大変重要になってきます。弊社の相続税試算サービスは相続税の概算額を算出するだけでなく、それを納付するためにどのような準備をしておけばよいか、どのような財産承継がよいかまでアドバイスいたします。またご希望により公正証書遺言書の作成もサポートしております。私個人は成年後見人としてご依頼いただくこともできます。

最後にこのホームページを見て相続・横浜相談センター(税理士法人 栗山会計事務所)にご依頼しようと思っている方にご挨拶をお願いします。

本日はホームページをご覧下さり誠にありがとうございます。

人生で相続を経験することはそう多くありません。普段あまり経験しない相続は時に大きなトラブルとなることがあります。弊社は相続税の申告や相談はもちろんのこと、相続発生前の納税資金対策や相続税対策、それらをふまえた財産承継対策を行っています。ご家族の皆さまにとって最適な方法を一緒に考えていきましょう。円満な相続となるように全力でサポートさせていただきます。

弊社はお客様をサポートするために以下3つのお約束を掲げております。

  1. お客様第一
    お客様との信頼関係を重視し、誠実に業務を遂行します。
     
  2. わかりやすい説明
    難しい専門用語はできるだけ避け、お客様の立場に立ったわかりやすい説明でご理解いただけるよう心がけます。
     
  3. 明確な料金提示
    サービス内容と報酬料金をご契約前に丁寧にご説明いたします。

ぜひお気軽にご相談いただけたらと思っております。

インタビュー:問題解決できるホームページ(http://www.1980.jp/)